メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

木村正さん=日本産科婦人科学会の理事長に選ばれた

木村正さん

木村正(きむら・ただし)さん(59)

 日本産科婦人科学会の第5代理事長に6月、選ばれた。全国の産婦人科医ら約1万6500人が属する大規模学会だが、最大の懸案は深刻な成り手不足だ。「医師の年齢構成も高く、このままだと10年後には分娩(ぶんべん)ができない、産婦人科医がいない都道府県が出る」と危機感を募らせる。

 高校時代まで大阪の堺市で過ごし、大阪大医学部に進学。阪大教授、病院長を歴任した。「生粋の大阪人」を自任する。曽祖父から4代続く医師・医学者の家系で育ったが、産婦人科を志したのは、研修中に同科の病棟が最も人の笑顔にあふれ「希望」を感じたからだ。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです