メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
五感で楽しむ夏

/2 触覚 1000年の伝統、畳の底力

畳職人の柳井博さん。「昔、地位の高い人が畳んだござの上に座っていたのが畳のルーツとも言われているんだ」=東京都大田区で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ●弾力に大きな違い

 2枚の「畳床」をそれぞれ拳で軽くたたいてみる。1枚は硬く、もう1枚は衝撃を吸収するような弾力がある。

 町工場や職人のまちとして知られる東京都大田区。昔ながらの畳作りにこだわる「柳井畳店」の3代目、柳井博さん(52)によると、前者の素材は発泡スチロールだが、後者はわらだ。「ちょっと大げさですが、フローリングの床と(アニメ『アルプスの少女ハイジ』に登場する)ハイジのわら布団ぐらい差がある」。職人の田中宏幸さん(38)が言葉を挟むと、すかさず柳井さんが笑いながら「大げさだよ」と混ぜ返した。

 畳は、畳床とその上に張るござ(畳表)、へりの三つからできている。畳床はわらの場合、40センチほどの…

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1312文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです