メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

世界選手権 15歳森、2位通過

リード予選で持久力を生かした粘り強い登りを見せる森

 2020年東京五輪の切符が懸かるスポーツクライミングの世界選手権第4日は14日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で、登った高さを競うリードの予選が行われ、女子は15歳の森秋彩(あい)=茨城県連盟=が日本人最上位の2位で準決勝に進んだ。ボルダリングで銀メダルの野口啓代(TEAM au)は6位、野中生萌(みほう)=XFLAG=は22位で予選を突破した。男子は、ボルダリング金メダルの楢崎智亜(TEAM au)が課題(コース)を二つとも完登し、トップタイで通過した。原田海(日新火災)は4位で予選突破。男女各26人が準決勝に進み、15日に準決勝と決勝が行われる。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文846文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです