メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

世界選手権 15歳森、2位通過

リード予選で持久力を生かした粘り強い登りを見せる森

 2020年東京五輪の切符が懸かるスポーツクライミングの世界選手権第4日は14日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で、登った高さを競うリードの予選が行われ、女子は15歳の森秋彩(あい)=茨城県連盟=が日本人最上位の2位で準決勝に進んだ。ボルダリングで銀メダルの野口啓代(TEAM au)は6位、野中生萌(みほう)=XFLAG=は22位で予選を突破した。男子は、ボルダリング金メダルの楢崎智亜(TEAM au)が課題(コース)を二つとも完登し、トップタイで通過した。原田海(日新火災)は4位で予選突破。男女各26人が準決勝に進み、15日に準決勝と決勝が行われる。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです