メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日

「松本フェスティバル」 和波さんが「ふれあいコンサート」 ブラームスなど演奏 31日

 クラシック音楽の祭典として知られる「セイジ・オザワ松本フェスティバル」の一環で31日、「ふれあいコンサート3」が長野県松本市のザ・ハーモニーホールで開かれる。今回は和波孝禧さんが第一バイオリンを受け持つブラームスの六重奏などが演奏される。和波さんは「ブラームスは大好きな作曲家。ブラームスの曲は心の起伏が大きく、それを素直に表現したい。室内楽でも弦楽器の持つパワーを感じてほしい」と、多くの来場を呼びかけている。

 桐朋学園の創設者の一人、斎藤秀雄さんをしのび、指揮者の小澤征爾さんの発案で、その教えを受けた音楽家…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文923文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです