メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「統一会派」結論出ず 立憲・国民党首会談 週明けに再会談か

党首会談に臨む立憲民主党の枝野幸男代表(右)と国民民主党の玉木雄一郎代表=国会内で2019年8月15日午後1時56分、川田雅浩撮影

 立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表は15日、国会内で党首会談を開き、会派の合流について協議した。玉木氏は、衆参両院での「統一会派」結成を求めたが枝野氏は受け入れず、平行線に終わった。両氏は週明けに再度会談する見通しだが、主張の隔たりは大きい。

 協議後、枝野氏は記者団に「我々の具体的な提案に答えていない。まずそれにお答えいただきたい」と述べた。立憲の提案は、衆院会派への国民議員の「参加」で、玉木氏の対応は回答になっていないとの認識…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです