メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米ダウ今年最大の800ドル安、12年ぶり長短金利逆転で 日経平均も下落

東京証券取引所=2019年4月、嶋野雅明撮影

 14日のニューヨーク株式市場は、世界経済の減速懸念が再燃し、株価は大幅反落した。ダウ工業株30種平均は前日比800・49ドル安の2万5479・42ドルで取引を終えた。1日の下げ幅として今年最大で、過去4番目の大きさ。米債券市場では10年物国債の利回りが2年物国債の利回りを下回る長短金利逆転(逆イールド)が2007年以来12年ぶりに発生。長短金利逆転は景気後退の予兆とされ、投資家心理が悪化して株価下落に拍車がかかった。

 この流れを受けて、15日午前の東京株式市場はほぼ全面安の展開となり、日経平均株価の下げ幅は一時45…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文859文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです