特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

クトゥーゾフの窓から

ウクライナ危機の現場を歩いた(11) 議会選に出馬した避難民 クリミアに家族や友人残し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厳しい表情を見せながら、クリミアから避難してきた経緯などを語るオレクサンドラ・ドボレツカさん=キエフで2019年7月10日、大前仁撮影
厳しい表情を見せながら、クリミアから避難してきた経緯などを語るオレクサンドラ・ドボレツカさん=キエフで2019年7月10日、大前仁撮影

 ウクライナでは7月の議会選でゼレンスキー大統領の政党が過半数を獲得した。ゼレンスキー氏は議会で安定勢力を築き、戦闘が続く東部の情勢の安定化に取り組む構えだ。一方でロシアに強制編入された南部クリミアでは、ロシアによる実効支配が進んでいる。今回のウクライナ議会選では、クリミアから首都キエフに逃げてきた避難民も出馬した。議会選前に聞いた話を通じ、残されている問題を考えた。

 クリミアなどからの避難民を支援する団体で勤務するオレクサンドラ・ドボレツカさん(28)。議会選では20議席を獲得した新党「声」から出馬したが、比例代表名簿の順位は高くなく、当選を果たせなかった。選挙の1週間前にキエフで聞いた話を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り2088文字(全文2393文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集