メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

初参列の天皇陛下、上皇さまの表現引き継ぎ平和を祈念 戦没者追悼式

全国戦没者追悼式でおことばを述べられる天皇陛下と皇后さま=東京都千代田区の日本武道館で2019年8月15日午後0時1分、手塚耕一郎撮影
戦没者を悼み手を合わせる人たち=東京都千代田区の千鳥ケ淵戦没者墓苑で2019年8月15日、長谷川直亮撮影

 74回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相、戦没者遺族ら約7000人が参列し、日中戦争と第二次世界大戦で犠牲になった約310万人を悼んだ。5月の即位後初めての参列となる天皇陛下は、式典でおことばを述べられ「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」と昨年の追悼式で上皇さまが用いた表現を引き継いで、平和を祈念した。

 安倍首相は歴代首相が言及してきたアジア諸国の戦争犠牲者への「哀悼の意」には今年も触れず、世界の平和と繁栄に歩んできた戦後日本の姿勢を強調。「世界が直面している課題解決に向け、国際社会と力を合わせて全力で取り組む」と述べた。

 正午に1分間の黙とうをささげた後、天皇陛下はおことばで戦後74年を振り返り「多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります」と述べた。また「過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い」との表現で、不戦と平和を願う思いを示した。

 追悼の辞を述べる遺族代表は、父をニューギニア島で亡くした横浜市の森本浩吉さん(77)が務めた。

 厚生労働省によると、参列予定の遺族は4~97歳の5391人。戦没者の子どもが2751人(51%)で、2001年から19年連続で過半数を占めた。一方、平成が始まった1989年は3269人と約半数に上った戦没者の妻は5人(0・1%)と過去最少を更新。同年の参列者で戦後生まれは45人だったが、今年は過去最多の1650人で初めて3割を超えた。令和初の追悼式は、遺族の世代交代が進んでいることを印象付けた。

 追悼される戦没者は、37年に始まった日中戦争と、その後の第二次世界大戦で犠牲になった軍人と軍属など合わせて約230万人と、民間人約80万人。【酒井雅浩】

全国戦没者追悼式での天皇陛下のおことば

 本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来74年、人々のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります。

 戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

安倍首相の式辞全文

 天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、戦没者のご遺族、各界代表、多数のご列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行いたします。

 先の大戦では、300万余の同胞の命が失われました。祖国の行く末を案じ、戦陣に散った方々。終戦後、遠い異郷の地にあって、亡くなられた方々。広島や長崎での原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などで、無残にも犠牲となられた方々。今、すべての御霊(みたま)の御前にあって、御霊安かれと、心より、お祈り申し上げます。

 今、私たちが享受している平和と繁栄は、戦没者の皆様の尊い犠牲の上に築かれたものであることを、私たちは決して忘れることはありません。改めて、衷心より、敬意と感謝の念をささげます。

 いまだ帰還を果たされていない多くのご遺骨のことも、決して忘れません。ご遺骨が一日も早くふるさとに戻られるよう、私たちの使命として全力を尽くしてまいります。

 我が国は、戦後一貫して、平和を重んじる国として、ただ、ひたすらに歩んでまいりました。歴史の教訓を深く胸に刻み、世界の平和と繁栄に力を尽くしてまいりました。

 戦争の惨禍を、二度と繰り返さない。この誓いは、昭和、平成、そして、令和の時代においても決して変わることはありません。平和で、希望に満ちあふれる新たな時代を創り上げていくため、世界が直面しているさまざまな課題の解決に向け、国際社会と力を合わせて全力で取り組んでまいります。今を生きる世代、明日を生きる世代のために、国の未来を切りひらいてまいります。

 終わりに、いま一度、戦没者の御霊に平安を、ご遺族の皆様にはご多幸を、心よりお祈りし、式辞といたします。 

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです