メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

天皇陛下、平成の思いを踏襲 戦没者追悼式で初のおことば

全国戦没者追悼式でおことばを述べられる天皇陛下と皇后さま=東京都千代田区の日本武道館で2019年8月15日午後0時1分、手塚耕一郎撮影

 注目が集まった全国戦没者追悼式での天皇陛下の初めてのおことばは、上皇さまが平成の30年をかけて積み上げた内容をほぼ踏襲されたものだった。字数も同じ300字弱。ただ、言葉遣いを細かく見ると、戦争を直接経験していない世代としての平和を願う気持ちを込めて変更したと受け取れる部分もあった。

 戦没者と遺族への思いを述べる第1段落は、上皇さまの文言をそのまま用いた。続く、戦後の人々の努力を振り返る段落で、昭和天皇を父に持ち疎開生活も経験した上皇さまが「苦難に満ちた往時をしのぶとき」とした部分は「多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき」とした。

 最終段落では、上皇さまが最後の追悼式で盛り込んだ「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」との一節を引き継ぐ一方、戦後70年の2015年から言及した「深い反省とともに」を「深い反省の上に立って」と表現を変えた。先人の苦難の歴史を忘れてはならないとの思いを示したともいえる。

 宮内庁幹部は「上皇さまの戦争や平和への考えを最も身近に感じてきた陛下が内容を引き継ぐのは自然なこと。戦争を経験していない立場で述べられないことは、表現を見直したのではないか」と受け止めた。

 代替わりで公務から退いた上皇ご夫妻は追悼式に出席せず、住まいで式典の様子を見ながら黙とうしたという。【高島博之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです