メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち

(下)任務拡大の中で 見えぬ具体像 「空母化」に課題山積み

フィリピンとの共同訓練後に「いずも」に着艦するSH60K哨戒ヘリコプター=フィリピン周辺のスールー海で2019年6月28日午前11時2分、町田徳丈撮影

 現地時間の6月27日午前5時過ぎ。空がまだ暗闇に包まれていたブルネイ沖周辺の南シナ海を航行する護衛艦「いずも」の艦内では、いくつもの人影が慌ただしく動く。飛行甲板のすぐ下にある格納庫で、哨戒ヘリコプター「SH60K」が飛行甲板に向かう昇降機(エレベーター)にゆっくりと乗せられた。緊急時にすぐにヘリが飛び立てるよう、1機を待機させておくためだ。 

 ヘリはけん引装置を使って移動させる。その装置は線でつながったコントローラーで操作する。きびきび動か…

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1522文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです