メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追悼式おことば 恒久平和、願い不変 戦後生まれの陛下、上皇さま踏襲

全国戦没者追悼式に臨まれる天皇、皇后両陛下=東京都千代田区の日本武道館で2019年8月15日午前11時51分、手塚耕一郎撮影

 天皇陛下が15日の全国戦没者追悼式で初めて述べられたおことばは、平成の30年をかけて上皇さまが推敲(すいこう)を重ねてきた表現をほぼ踏襲するものだった。戦争を経験した人が少なくなるなか、戦争の記憶の継承を求めるメッセージは戦後生まれの陛下に引き継がれた。

 東京・九段の日本武道館。天皇、皇后両陛下は正午の時報とともに「全国戦没者之霊」と記された白木の標柱の前で、静かに頭を垂れて黙とうした。その後、陛下は胸ポケットから原稿を取りだし、はっきりとした声でおことばを読み上げた。

 その字数は上皇さまと同じ約300文字。三つの段落の構成も変更を加えなかった。一方で、上皇さまとは異…

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです