メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レジオネラ症集団発症 静岡市の「大江戸温泉物語」で感染か 15日から営業自粛

 静岡市保健所は15日、7月末~今月12日、市内の医療機関からレジオネラ症の発症報告が8件あり、うち7件の男性患者7人が市内の同じ温泉施設を利用していたと発表した。7人は60~80代で発熱や肺炎の症状が出て入院したが、命に別条はないという。感染源は断定されていないが、同保健所は「温泉施設から感染した可能性が高い」として関連を調査している。

 調査を受けているのは「大江戸温泉物語 すんぷ夢ひろば 天下泰平の湯」(同市駿河区)。同施設は15日から当面の間、営業を自粛することを決めた。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「高熱でも宿泊拒否できない」旅館業法 GoToは大丈夫か ホテル苦慮

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです