メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仲邑菫初段「3年以内に女流棋聖取る」 納涼囲碁まつりに父と出演 大阪

 史上最年少で囲碁のプロ棋士になった仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が15日、大阪市北区であった「第9回阪急電鉄納涼囲碁まつり」(日本棋院など主催)に出演した。

 トークタイムでは花柄の浴衣姿で父の仲邑信也九段(46)らと登壇。司会の「3年以内にタイトルを取っていますか?」との質問に、かすかな声…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです