台風10号 中国地方に上陸、日本海へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
台風10号の影響で計画運休となり、人けがないJR広島駅=2019年8月15日午前7時25分、木葉健二撮影
台風10号の影響で計画運休となり、人けがないJR広島駅=2019年8月15日午前7時25分、木葉健二撮影

 大型の台風10号は15日午後3時ごろ、広島県呉市付近に上陸し、同日夜にかけて中国地方を縦断した。総務省消防庁によると、15日午前11時時点で中国や近畿、九州など計10県の約27万8100世帯計約58万4200人に避難指示・勧告が出た。台風の影響で1人が死亡、少なくとも49人が負傷した。お盆休みのUターンラッシュを直撃し、交通網は大きく乱れた。

 気象庁によると、台風10号は15日午後9時現在、松江市の北約80キロの日本海を時速約35キロで北に進んでいる。中心気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。16日は日本海を北北東に進み、17日にかけて温帯低気圧に変わる見込み。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文931文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集