連載

We♡Rugby~世界のフィールドから

We♡Rugby~世界のフィールドからでは、海外の選手やチーム、ラグビー事情などを紹介します。

連載一覧

We♡Rugby~世界のフィールドから

W杯出場チームも活用 アイルランド企業のスポーツデータ分析がけが予防などに効果

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
キットマンラボのデータ分析ソフトのデモンストレーション画面。選手がスマートフォンで入力した睡眠時間や疲労状態などのデータを分析し、けがの予防に生かす=ダブリンで2019年8月7日午後3時43分、大谷津統一撮影
キットマンラボのデータ分析ソフトのデモンストレーション画面。選手がスマートフォンで入力した睡眠時間や疲労状態などのデータを分析し、けがの予防に生かす=ダブリンで2019年8月7日午後3時43分、大谷津統一撮影

 9月20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグで日本と対戦するアイルランドは、情報通信技術(ICT)の先進国だ。スポーツ分野も例外ではなく、データ分析を手掛ける「キットマンラボ」(ダブリン)は日本のラグビー・トップリーグチームやプロ野球の球団を含む世界各国・地域の約250のスポーツチームにデータ分析ソフトを提供。選手のけがの予防などに効果を上げている。

 アイルランドの2016年のICTサービス輸出額は71億ドル(7483億円)に上り、2位のインド(55億ドル)を大きく引き離し、世界トップを誇る。スポーツ分野で実績のあるキットマンラボは12年、アイルランドのプロラグビークラブ「レンスター」のコーチをしていたスティーブン・スミス氏が創設した。現在はサンフランシスコやシドニーにも研究開発と営業の拠点を置く。主力商品は選手の運動量や動作を解析し、けがの…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文875文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集