メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We♡Rugby~世界のフィールドから

W杯出場チームも活用 アイルランド企業のスポーツデータ分析がけが予防などに効果

キットマンラボのデータ分析ソフトのデモンストレーション画面。選手がスマートフォンで入力した睡眠時間や疲労状態などのデータを分析し、けがの予防に生かす=ダブリンで2019年8月7日午後3時43分、大谷津統一撮影

 9月20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグで日本と対戦するアイルランドは、情報通信技術(ICT)の先進国だ。スポーツ分野も例外ではなく、データ分析を手掛ける「キットマンラボ」(ダブリン)は日本のラグビー・トップリーグチームやプロ野球の球団を含む世界各国・地域の約250のスポーツチームにデータ分析ソフトを提供。選手のけがの予防などに効果を上げている。

 アイルランドの2016年のICTサービス輸出額は71億ドル(7483億円)に上り、2位のインド(55億ドル)を大きく引き離し、世界トップを誇る。スポーツ分野で実績のあるキットマンラボは12年、アイルランドのプロラグビークラブ「レンスター」のコーチをしていたスティーブン・スミス氏が創設した。現在はサンフランシスコやシドニーにも研究開発と営業の拠点を置く。主力商品は選手の運動量や動作を解析し、けがの…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 東京と福岡「緊急事態再指定の段階にない」 西村担当相「危機感」は強調

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 見つけた・この店 新潟 まじガマンできない 食パンは耳まで軟らかく /新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです