メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AZrena

投手の怪我を予防。メジャー15球団が導入するデバイスが日本上陸

情報提供:アズリーナ

野球において、投手の投球過多は肘を故障するリスクを高めてしまいます。特に学生年代では、実力のある投手に頼らざるを得ない状況もあり、肘の故障で手術を受ける学生が多いようです。

投球制限に関する議論も加熱する中、投手の肘の怪我予防と、パフォーマンス向上に一役を買うデバイスが日本に上陸します。

動画引用元:JustBats.com

「motus BASEBALL」は、投手がセンサーを搭載したスリーブを肘に着用することで、投球動作やトレーニング量、肘のストレス値などのデータを取得します。専用のiOSアプリでは、取得したデータの閲覧や管理、トレーニングのサポートなどを受けることができます。

従来は経験と感覚に基づいた投球管理が行われていましたが、これによってデータという明確な判断材料が生まれます。メジャーリーグでは2015年から試合中の着用が認められており、すでに15球団が導入済みです。日本では2019年9月から公式販売が開始し、議論が続く肘の故障問題の解決策として期待が高まります。


情報提供:アズリーナ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです