メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チケット転売

トラブル増 ネット介し3万円→12万円 ラグビーW杯目前に

「ラグビーワールドカップチケット」で検索すると、転売サイトが最上位に表示されていた=ECネットワーク提供

 9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会や2020年東京五輪・パラリンピックを前に、インターネットを介したチケット転売を巡るトラブルの相談が全国の消費生活センターに相次いでいる。いずれも公式サイト以外での転売は禁止だ。国民生活センターが注意を呼びかけている。

 神奈川県の50代女性はラグビーW杯のチケットを転売サイトで購入。約3万円の席だったが、クレジット決済で引き落とされたのは約12万円だった。手数料を説明する文字は小さく、購入ボタンを押すまで総額は表示されなかったという。

 国民生活センターによると、18年度の相談はコンサートを中心に計2076件と、前年度から倍以上に急増…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです