メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

俳優・伊吹吾郎さん 哀愁の調べと半世紀 今もギターが相棒

さまざまな感情を表現するフラメンコ。「今はテンポのゆったりした曲が好きかな」=東京都目黒区で、藤井太郎撮影

 初めはさざ波のように、次第に力強くかき鳴らすように。右手のそれぞれの指で連続して弦を弾く「ラスゲアード」と呼ばれるフラメンコギターの奏法で、愁いに満ちた和音がスタジオの中に広がった。腹の底に届く低音、胸をざわつかせる高音が滑らかに調和して響く。「クラシックギターにない哀愁、かな。それが自分にとってのフラメンコ」。この日手にしていた愛器は1968年製。この楽器が生まれた頃に、伊吹さんはフラメンコと出合った。

 何がきっかけで足を運んだのか、今はもう思い出せないスペインの「グラン・アントニオ舞踊団」来日公演。…

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1632文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです