メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

ロケットマン 光と影、ヒット曲に乗せ

 ミュージシャンの伝記映画は数知れず。ジャニス・ジョプリンもジム・モリソンもボブ・ディランもレイ・チャールズもエミネムも、みんな映画になった。優れた作品も多いのに、業界では「あまり当たらない」が定評だった。そう「ボヘミアン・ラプソディ」までは。クイーンのフレディ・マーキュリーに続くのはエルトン・ジョン。ヒット曲の多さではクイーン以上、存命で現役の大スター。「ボヘミアン」では途中降板したブライアン・シンガーに代わって最後を締めくくったデクスター・フレッチャー監督が、その半生を描く。

 断酒会の集まりに参加したエルトン・ジョン(タロン・エガートン)の一人語りという構成だ。不仲な両親の…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1349文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです