メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・特選掘り出し!

ホット・サマー・ナイツ 若きスター、繊細な存在感

 「君の名前で僕を呼んで」で一躍、若きスター俳優となったティモシー・シャラメ。アカデミー賞作品賞を受賞した「ムーンライト」などを製作し、監督の作家性を尊重する気鋭の映画スタジオとして注目を集めているスタジオ「A24」。ハリウッドの新しい風を感じさせる俳優とスタジオがタッグを組んだ青春映画が公開される。

 1991年。父を亡くした喪失感をなかなかぬぐいされないまま、大学入学までの夏を海辺の小さな町、ケープコッドで過ごすことになったダニエル(シャラメ)。地元の不良(アレックス・ロー)と親しくなった彼は一緒に大麻を売りさばき、街で一番の美しい女の子、マッケイラ(マイカ・モンロー)と恋に落ちる。いくつもの初めての体験に高揚感を抱きながら、危うい夏を過ごすが……。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです