メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「スウィングガールズ」(2004年)など若手起用のヒット作で知られる矢口史靖監督の長編10本目は、初のミュージカルだ。主人公の鈴木静香(三吉彩花)は、一流企業に勤めて都内のタワーマンションに住む“勝ち組”。ある休日、めいっ子と訪れた遊園地で怪しい老人(宝田明)に催眠術をかけられ、音楽が聞こえると、歌って踊り出さずにはいられない体になってしまう。仕事のプレゼンもデートもぶち壊して変人扱いされた静香は、まともな社会人生活を取り戻すため、謎の老催眠術師を捜す旅…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです