メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

働くということ

 漫画「働くということ」(池田邦彦さん画、講談社)は、作家の黒井千次さん(87)が、37年前に刊行した同タイトルの新書を漫画化した作品だ。大学卒業後、自動車メーカーに勤めた15年間を描いた。実体験を基に、現代を生きる私たちにとっての会社とは何か、働く意義とは何かを突き詰めている。

 今年2月に刊行し順調に売れ行きを伸ばしているという。原作の新書…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです