メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

乾ける15万人に希望の水路

手作業で水路を掘る人たち=アフガニスタンで、西谷文和さん提供

 2010年1月、アフガン東部のジャララバードで中村哲さんと出会った。医師でペシャワール会の現地代表でもある中村さんは、伊藤和也さん殺害事件後もこの地に残り、「巨大プロジェクト」に取り組んでいる。

 中村さんの案内でカナール(運河)へ。「この辺りは急激に砂漠化したんです。大干ばつに襲われて、みんなパキスタンへ」。中村さんによると、戦争も原因の一つだが、もっと大きな問題は干ばつだという。なぜ干ばつに? 

 その答えは気候変動。かつてはヒンズークシの山々に降り積もった雪が春になって流れ出し、ふもとの大地を…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです