メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道ダークツーリズム紀行

/下 平取・富内線跡 朝鮮人を救ったアイヌ 労働者犠牲も、実態分からず /北海道

振内鉄道記念館に残る富内線の軌道。蒸気機関車は富内線を走っていたものではなく、戦後間もない1949年に製造され、サハリンで活躍した=北海道平取町振 内で8月11日13時11分、山下智恵撮影

 平取町を国道237号沿いに沙流川をさかのぼると、二風谷ダムが見えてくる。同町には文化を伝承するアイヌが多く住み、二風谷アイヌ文化博物館や民芸品店が建ち並ぶ。ダムはそうしたアイヌの聖地をのみ込み建設された。民族の苦難と復興の歴史を刻むこの町にも、戦時中の悲劇の痕跡がある。

 二風谷から沙流川をさらに約20分さかのぼった同町振内(ふれない)地区に振内鉄道記念館があり、1986年に廃止された旧国鉄富内線の資料が展示されている。振内地区には国内屈指のクロム鉱山があり、戦時中の41年、クロム輸送のため、富内線の延線建設が着工された。公式の記録はないが、導線の敷設やトンネル工事で、朝鮮人労働者・徴用工に多数の死者が出たとの証言がある。

 戦時中、道内各地の炭鉱や建設現場には朝鮮人が動員され、道内では14万~15万人に上ると推計されている。中でも平取町は、朝鮮人労働者とアイヌ民族に深いつながりがあったことが近年の研究で明らかになっている。

この記事は有料記事です。

残り1228文字(全文1645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです