メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外韓国の曺国法相が辞任表明
小牛田空襲・74年目の記憶

「爆弾」で身近な人亡くした夫婦 悲惨さ伝える犠牲者名 「別の防空壕なら死んでた」 /宮城

小牛田空襲の記憶を語る伏見益善さん、てい子さん夫婦=宮城県美里町で

 15日、太平洋戦争の終戦から74年を迎えた。戦争末期の1945年8月9、10日、今の美里町で「小牛田(こごた)空襲」があり、多くの住民が犠牲になった。空襲を知る地域の人々を訪ねると、自身の壮絶な体験や身近な人の死について語ってくれた。証言者もわずかとなった戦災の歴史を報告する。【山田研】

 10代で空襲に遭い、犠牲者の名を記憶する夫婦がいた。

 「飛行機飛んできたのはわかったんだねえ。走って防空壕(ごう)さ入ったの。別の防空壕さ入れば、死んだ…

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. ラグビーW杯 くまモン、熊本最終ゲームで踊った

  4. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです