メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妙墨会書展

高崎できょうから 会員の作品94点 /群馬

「第57回妙墨会書展」の展示作業を終え、作品について語り合う藤枝昇雲会長(右)ら=群馬県高崎市高松町の高崎シティギャラリーで

 「第57回妙墨会書展」が16日から、高崎市高松町の高崎シティギャラリーで始まる。同展には漢字、かな、大字書など、会員の作品94点が展示される。20日まで。

 妙墨会は、安中市出身の徳野大空氏の門下生により1950年に結成され、「古典を基盤にした現代書の創造」を掲げている。

 藤枝昇雲会長は「来年の創立70周年記念…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文274文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです