メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたの街の本屋さん

/3 熊谷堂書店(熊谷市) 本と読者を橋渡し 店長が広告塔、イベントも開催 /埼玉

行商用の本棚を背負う増山岳志さん=埼玉県熊谷市で

 「久々に一気読みして、本を読む楽しさを感じた」「文章自体は中高生でも読みやすいけど、大人にこそ読んでほしい」

 7月20日、熊谷市広瀬の「熊谷(くまがい)堂書店」では、好きな本を紹介し合う「ビブリオバトル」が開催されていた。小説や実用書などの書評を熱く語った後、他の参加者のプレゼンを聞き、最も読みたくなった本に投票する。この日は見学者も含めて10人が参加し、漫画家を目指す若者たちの青春小説「漫画ひりひり」(小学館)が選ばれた。昨年4月にオープンしてから5回目の開催。店長の増山岳志さん(40)は「本と読者の橋渡し役になりたい。本屋も、ビブリオバトルをやるのも、その一環です」と語る。

 熊谷市出身。理系の大学で情報科学を専攻したが研究に行き詰まると、一般教養を教える教授の研究室に逃げ…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1165文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです