メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創意で挑む

女性農家は今 毎日農業記録賞に寄せて/下 福岡市西区 多品目栽培 高木智代さん(51)一家 /東京

マンションに囲まれた都市部の畑で野菜の少量多品目栽培に取り組む智代さん(右から2人目)、律子さん(同3人目)ら高木さんの家族=福岡市西区で

美しい野菜、評判に 写真で培った感覚生かす

 福岡市西区の地下鉄空港線「姪浜(めいのはま)駅」から南へ約1キロ。マンションが林立する住宅街の小さな畑で、ナスやトマトなど夏野菜が収穫の時期を迎えていた。高木律子さん(83)と娘の4姉妹が野菜の少量多品目栽培に取り組んでいる。

 その先頭に立つのは四女の智代さん(51)だ。地元の大学を卒業後、米ニューヨークの専門学校に5年間留学し、写真や石版画の技術を学んだ。27歳で帰国し、市内外の英会話教室で3年間講師を務めた後、実家の農業の世界に飛び込んだ。

 きっかけは、留学中に出合った西洋野菜のズッキーニだった。油で炒めたり、みそ汁の具にしたり……。自炊…

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです