メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 久保利明九段-広瀬章人竜王 第8局の1

苦手意識

 1回戦で広瀬は稲葉陽八段に、久保は佐藤康光九段にそれぞれ敗れ黒星スタートとなった。

 広瀬は対局前日に自身のブログを更新。「連敗だけは避けたい」と胸の内をつづっていた。しかし対久保戦は5勝9敗、順位戦に至ってはプレーオフを含め0勝6敗と差がついており、分が悪い相手だ。広瀬も苦手意識を持っていたと明かすが、携帯中継で対戦成績を見て意外と善戦しているなと感じた。もっと大差がついているイメージだったという。ただ、そうはいっても苦手な久保戦。開始前は「苦戦が予想される」と覚悟していた。

 定刻前、駒を並べる広瀬の手が震えていた。公式戦の対局が久しぶりで緊張していたとのこと。普段なら春夏…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文721文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです