メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライチョウ学習会

妙高の自然守ろう 支援ボランティア団体が発足 火打山 /新潟

雪渓が残る火打山(中央)へ向かう途中、湿原ではワタスゲなどが登山者の目を楽しませてくれる=新潟県妙高市で

 妙高市の環境保全活動を支援するボランティア組織「生命地域妙高環境サポーターズ」が発足し、この夏、活動を始めた。第1弾として、妙高の自然を象徴する国の特別天然記念物、ニホンライチョウの生態と現状を学ぼうと11日、学習会が開かれ、生息地域の火打山(2462メートル)を訪ねた。

 参加者は、温暖化による植生の変化など、変わりゆく生息地の様子を目の当たりにし、改めてライチョウがすみ続けられる環境をどう保全していくかを体感した。市は来年度、全地球測位システム(GPS)を使った生態調査も計画しており、今後、環境サポーターズの出番が増えそうだ。

 市は2016年度、妙高戸隠連山国立公園を中心にした自然環境を守るとともに、利活用策を話し合う「生命…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1367文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです