メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日書道展北陸展

閉幕 連日盛況、5452人鑑賞 富山 /富山

前衛書の魅力について語る小林信恵さん(右端)=富山市新総曲輪の県民会館で、青山郁子撮影

 富山市新総曲輪の県民会館で開かれていた第71回毎日書道展北陸展(毎日新聞社、毎日書道会主催)は15日、盛況のうちに閉幕した。猛暑の中、連日大勢の鑑賞者が訪れ、5日間の総入場者数は5452人だった。【青山郁子】

 最終日は今年度の当番審査員を務めた小林信恵さん(福井市)が専門の前衛書を中心に作品解説した。小林さんは、北陸展30周年を記念した特別企画「毎日書道展北陸展を築いた書家たち」に展示された先輩書家、山崎灘青(たんせい)氏の遺作「壺中日明長」の前で、「親しく指導してもらった。しゃだつで愉快な人柄がそのまま作品に表れている…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです