メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨災害から1年

関市のいま/下 市民自ら防災啓発 「せき防災の会」代表…朝倉勝美さん /岐阜

応急措置訓練をする朝倉勝美代表(黄色の上着の男性)ら「せき防災の会」のメンバー=同会提供

 昨年の関市の豪雨被害を契機に、市民から積極的に防災に取り組む動きが出てきた。中でも中心的な役割を担うのが、防災・減災の啓発活動をする「せき防災の会」代表の朝倉勝美さん(74)らだ。

 高山市出身の朝倉さんは、関市内の車の部品製造会社に勤務。定年退職後、広報誌を見て防災士の資格を知り、2013年12月に取得した。

 16年4月に発生した熊本地震では、ボランティアとして現地のがれき撤去作業などに従事した。「あの経験は大きかった。熱中症になって、ドクターストップがかかったけどね」と振り返る。「関市でこのような災害が起きたら、どうなるかと思った」と、我が町に置き換えて考えるきっかけになったという。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  3. クマをドローンでくまなく捜索 出没相次ぎ自治体が対策 追い払う成果も 石川

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです