メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和菓子めぐり

伊賀、名張 菓匠 欣栄堂 あんとパイン、最適ペア /三重

欣英堂の町野晃巳さん=三重県伊賀市西明寺で、稲垣淳撮影

 「伊賀名物でっちようかん」で知られる伊賀市西明寺の「菓匠 欣栄堂(きんえいどう)」は「いちご大福」の元祖の店の一つとしても有名だ。約15年前からは夏場の大福として「パイン大福」も売り出し、人気商品になっている。

 店は明治34(1901)年に創業。4代目の町野晃巳さん(47)によると、いちご大福は約35年前に祖父、昌郎さんが作り出した。全国で他にも元祖とされる店はあるが「同じような時期に全国でできた和菓子だと思います」と話す。イチゴを白あんで包んだ大…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです