メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦没者追悼式

平和への思い新た 奈良県護国神社 /奈良

戦没者慰霊塔に向かって拝礼する参列者ら=奈良市古市町の奈良県護国神社で、大川泰弘撮影

 終戦から74年となった15日、奈良市古市町の奈良県護国神社で戦没者追悼式が行われた。「本県出身戦没者2万9243柱のみたまに黙とうをささげたいと存じます」とのアナウンスに促され、参列者らが黙とう。戦禍に散った先人の冥福を祈り、平和への思いを新たにした。

 拝殿には、遺族や自治体、自衛隊の関係者らが着…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです