メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ほうらんや火祭

燃え盛るたいまつに願い 橿原 /奈良

燃え盛るたいまつを担ぐ氏子ら=奈良県橿原市で、藤原弘撮影

 県無形民俗文化財の伝統行事「ほうらんや火祭」が15日、橿原市東坊城町の春日、八幡両神社であった。大型の台風10号が西日本に接近する中、氏子らが燃え盛るたいまつを担いで境内を巡り、無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)などの願いを込めた。

 たいまつは直径約1.5メートル、高さ約3メートルの大きな物もあり、…

この記事は有料記事です。

残り67文字(全文217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです