メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

天皇杯 サポーターに別れ レノファ・鳥養、高木両選手が退団 /山口

涙ながらにサポーターにあいさつした高木選手

 サッカー天皇杯3回戦が14日、山口市の維新みらいふスタジアムであり、レノファ山口はJ1セレッソ大阪に0-3で敗れた。試合後、前日に退団が発表された鳥養祐矢、高木大輔両選手がスタジアムを周回し、サポーターに別れを告げた。

 レノファは前半は見せ場が少なく、ミドルシュートを2本決められた。三幸秀稔主将らを投入した後半は主導権を握る時間もあったが、ゴールが遠かった。

 試合後、J2FC琉球に移籍する鳥養選手とJ1ガンバ大阪に移る高木選手には、サポーターから「頑張れよ…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです