メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国の涼

食 安森洞そうめん流し(鬼北) 洞窟掘り、町おこし /愛媛

そうめん流しを楽しむ人々=愛媛県鬼北町小松で、木島諒子撮影

 洞窟から湧き出す冷水を使った「安森洞そうめん流し」(鬼北町)。山深いエリアにあるが多い時には1日700人が訪れ、行列ができる。ネギ、大葉、タマネギ、ショウガ、ミョウガ、ワサビと薬味も豊富で、甘めのつゆに町自慢のユズの皮をすり下ろせばさっぱりした香りが広がる。

 地元の人々でつくる「安森鍾乳洞保存会」が毎年夏に運営。昨年は西日本豪雨で被災し中止となったが復旧した。冷水が湧く「安森洞」は無料で探索できる。ひやっとした洞内は大人がかがむ程度の高さで天井からは水がしたたり、数十メートル進むと水場に。同会会長の程内覚さん(69)によると、洞窟は鍾乳洞ではなく地元の人々が掘ったものだという。

 40年前、元々あった小さな穴から鍾乳石のようなものが流れてきたため、「奥に鍾乳洞があるはず。町おこ…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです