メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦の日

大分海軍基地“最後の特攻隊” 散った17の若い命、玉音放送後の出撃 戦争の不条理、後世まで /大分

「最後の特攻隊」の慰霊碑前で冥福を祈る河野さん

 大分市の大洲総合運動公園に、かつて大分海軍航空基地があった。74年前の8月15日夕、11機の特攻機が飛び立った。第5航空艦隊司令長官の宇垣纏(まとめ)中将(当時55歳)率いる艦上爆撃機「彗星(すいせい)」。宇垣に付き従って19~24歳の17人が命を落とした。ポツダム宣言の受諾後、15日正午の玉音放送後の出撃だった。【尾形有菜】

 「地元の人でも、この“最後の特攻隊”を知らないんです。国にも特攻隊として受け入れられてないですから…

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 1100万年前の天体衝突の痕跡発見 生物大量絶滅の原因か 南鳥島沖深海底で

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです