メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

「届けたい」 東日本大震災で姉亡くした12歳の作品展示 鹿児島市役所東別館とイオンモール鹿児島で /鹿児島

鹿児島市での写真展「届けたい」を企画した山内さん

二つの被災地つなぐ---命の尊さ伝えたい 「8・6水害」体験した鹿児島市職員が企画

 1993年に鹿児島市を中心に48人が犠牲になった「8・6(はちろく)水害」で子供2人の死を目の当たりにした同市職員、山内博之さん(42)が企画する写真展が、同市で開かれている。展示しているのは、宮城県石巻市の12歳の少女が東日本大震災で亡くなった姉を思って撮った遺品や風景の写真。山内さんは災害で奪われた小さな命を重ね「災禍を繰り返さないために家族で話すきっかけにしてほしい」と願う。【菅野蘭】

 8・6水害では、鹿児島市中心部の甲突(こうつき)川などが氾濫し、市街一帯が冠水。至る所で土砂崩れや土石流が起きた。高校生だった山内さんは自宅を出て「子供が土砂崩れに巻き込まれた」と泣き叫ぶ女性に遭遇。119番が不通だったため、周囲に知らせて自分たちも救助に加わった。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです