メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

「届けたい」 東日本大震災で姉亡くした12歳の作品展示 鹿児島市役所東別館とイオンモール鹿児島で /鹿児島

鹿児島市での写真展「届けたい」を企画した山内さん

二つの被災地つなぐ---命の尊さ伝えたい 「8・6水害」体験した鹿児島市職員が企画

 1993年に鹿児島市を中心に48人が犠牲になった「8・6(はちろく)水害」で子供2人の死を目の当たりにした同市職員、山内博之さん(42)が企画する写真展が、同市で開かれている。展示しているのは、宮城県石巻市の12歳の少女が東日本大震災で亡くなった姉を思って撮った遺品や風景の写真。山内さんは災害で奪われた小さな命を重ね「災禍を繰り返さないために家族で話すきっかけにしてほしい」と願う。【菅野蘭】

 8・6水害では、鹿児島市中心部の甲突(こうつき)川などが氾濫し、市街一帯が冠水。至る所で土砂崩れや…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1003文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです