メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦の日

恒久平和、祈り不変 追悼式おことば 戦後生まれの陛下、上皇さま踏襲

 天皇陛下が15日の全国戦没者追悼式で初めて述べられたおことばは、平成の30年をかけて上皇さまが推敲(すいこう)を重ねてきた表現をほぼ踏襲するものだった。戦争を経験した人が少なくなるなか、戦争の記憶の継承を求めるメッセージは戦後生まれの陛下に引き継がれた。【高島博之、和田武士】

 東京・九段の日本武道館。天皇、皇后両陛下は正午の時報とともに「全国戦没者之霊」と記された白木の標柱の前で、静かに頭を垂れて黙とうした。その後、陛下は胸ポケットから原稿を取りだし、はっきりした声でおことばを読み上げた。

 その字数は上皇さまと同じ約300文字。三つの段落の構成も変更を加えなかった。一方で、上皇さまとは異…

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです