メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦の日

追悼式おことば 戦後生まれの陛下、上皇さま踏襲 内田樹・神戸女学院大名誉教授、古川隆久・日本大教授の話

歴史回顧する表現に 思想家で「街場の天皇論」などの著書がある内田樹・神戸女学院大名誉教授の話

 これまでのおことばをほぼ引き継ぎ、戦没者への哀悼の意を表しつつ、深い反省の上に二度と戦争をしてはならないという願いが込められている。変わったのは、先の天皇陛下が戦争経験を当事者として国民とともに振り返る文型で語ってきた部分を、自身が経験していない歴史的過去を回顧する表現に改めた…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです