メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

慰霊の「脱戦後」へ=西川恵

 <kin-gon>

 新天皇、皇后両陛下が出席されて初めての全国戦没者追悼式。式典の厳粛さはこれまでと変わらなかったが、両陛下と上皇ご夫妻が背負ってきたものの違いが随所に表れていたように思う。

 両陛下が武道館の会場に姿を現した時、最初に私の目に入ったのは洋装の雅子皇后だった。落ち着いたグレーで、同色の帽子。天皇陛下はモーニングにやはりグレーのネクタイ。長年、この追悼式で美智子妃(現上皇后)の沈んだ色の和礼装を見慣れてきた目には、新鮮さと共に若さ、軽やかさを印象付けられた。

 宮内庁のホームページで調べると、それまで洋装で出席されていた美智子妃が和礼装に替えられたのは201…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1008文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです