メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

胃ろう数減少のナゾ

小野沢滋医師の「首都圏2040年介護危機」というタイトルのトークライブは盛会だった=東京都千代田区の毎日ホールで2019年7月31日午後6時53分、竹内紀臣撮影

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 相模原市のクリニックで在宅緩和医療を続けている小野沢滋医師の講演は、聴くたびに新しい発見がある。日々の往診に基づく話に加え、公開データを駆使して作った分かりやすいグラフで「知らない事実」や「見たくない現実」に気づかされる。先日、「胃ろう件数減少のナゾ」について聞いた。

 口からものが食べられなくなったとき、胃に穴を開けて直接栄養を送り込む医療処置。「最近、減ってきたな…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文901文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです