メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

胃ろう数減少のナゾ

小野沢滋医師の「首都圏2040年介護危機」というタイトルのトークライブは盛会だった=東京都千代田区の毎日ホールで2019年7月31日午後6時53分、竹内紀臣撮影

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 相模原市のクリニックで在宅緩和医療を続けている小野沢滋医師の講演は、聴くたびに新しい発見がある。日々の往診に基づく話に加え、公開データを駆使して作った分かりやすいグラフで「知らない事実」や「見たくない現実」に気づかされる。先日、「胃ろう件数減少のナゾ」について聞いた。

 口からものが食べられなくなったとき、胃に穴を開けて直接栄養を送り込む医療処置。「最近、減ってきたなあ」と感じて、毎年公表されている社会医療診療行為別統計で「胃ろう造設件数」を調べたら、ピークの2007年ごろは8000件を超えていたが、ここ数年は3800~4700件程度だった。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです