メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

光復節、韓国大統領「徴用工」触れず 報復合戦、泥沼化を懸念

光復節の式典で演説する韓国の文在寅大統領=天安市で15日、ロイター

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は15日、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の記念式典で演説した。文氏は輸出管理強化で関係が悪化する日本に対する強い批判を控え「今でも日本が対話と協力の道に出たら、私たちは喜んで手を取る。公正に交易して協力する東アジアを共につくっていく」と呼びかけた。一方で、「不当な輸出規制に立ち向かい、我々は責任ある経済強国に向けた道を歩む」とも宣言した。【ソウル堀山明子、渋江千春】

 文氏の光復節演説は3回目。式典は忠清南道(チュンチョンナムド)天安(チョナン)市の独立記念館で開か…

この記事は有料記事です。

残り1417文字(全文1677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです