メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

/15 阿部和重 写真・相川博昭

 ピンク地マイメロディ柄のきらきらしたキャリーバッグを足もとに置き、顔の下はんぶんを黒マスクで覆っていたりもするから、いまどきのひとなのかな、という印象もないではない。が、おたがいに自己紹介もはじめましてのひとことも口にしあっていないので、それ以上の人柄はつかめない。

 つかめないといえば、そもそもこの招かれざる客たる男女の間柄がよくわからない。一緒に東京までやってきた同伴者どうしであるという割には、ふたりそろって少しもそんなそぶりを示さないためだ。会話はおろかアイコンタクトひとつかわす気配すらなく、どういう関係なのかといぶからずにはいられない。

 そのことが、ずっと気になってはいるものの、かといって、事情を聞いてしまったらあともどりできない状況に追いこまれそうだ。だからそっちに話を振るのもためらわれると思い、横口健二は用心している。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです