メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トライアスロン

東京五輪テスト大会 1、2位 手をつなぎ失格 英2選手のフィニッシュ、規則抵触

手をつないでフィニッシュラインに向かう英国の2選手=宮武祐希撮影

 来年の東京五輪予選を兼ねたトライアスロンのテスト大会は15日、東京・お台場海浜公園で女子が行われ、昨年のアジア大会金メダルの高橋侑子(富士通)が1時間43分44秒で日本勢最高の23位、井出樹里(スポーツクラブNAS)は25位だった。2016年リオデジャネイロ五輪代表の佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)は途中棄権した。

 レースはフローラ・ダフィー(バミューダ)が1時間40分19秒で優勝した。1、2番手の英国選手が手をつないだ状態でフィニッシュしたため、国際トライアスロン連合の意図的に一緒にフィニッシュすることを禁止する規則に抵触し、失格となった。英国トライアスロン連合パフォーマンスディレクターのマイク・ケイベンディッシュ氏は「2人の失格はもちろん残念だが、それでも表彰台(3位)に英国選手がいることは女子の選手層…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年300校消える公立小 「1日限定」開放で思い出に浸るOBら 滋賀・甲賀

  2. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  5. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです