メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

世界選手権 15歳森が銅 女子リード

女子リードで銅メダルを獲得した森=宮間俊樹撮影

 2020年東京五輪の切符が懸かるスポーツクライミングの世界選手権第5日は15日、リードの男女決勝が行われ、女子は準決勝3位の森秋彩(あい)=茨城県連盟=が銅メダルを獲得した。15歳の森は、16歳だった05年にリードで銅メダルをつかんだ野口啓代(TEAM au)の日本人最年少メダル記録を更新した。優勝はヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)。

 同日の女子準決勝で、前回4位の小武芽生(めい)=エスエスケイフーズ、17歳の伊藤ふたば(TEAM …

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです