メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風10号

お盆、西日本襲う 1人死亡 49人負傷

 大型の台風10号は15日午後3時ごろ、広島県呉市付近に上陸し、同日夜にかけて中国地方を縦断した。総務省消防庁によると、15日午前11時時点で中国や近畿、九州など計10県の約27万8100世帯計約58万4200人に避難指示・勧告が出た。台風の影響で1人が死亡、少なくとも49人が負傷した。お盆休みのUターンラッシュを直撃し、交通網は大きく乱れた。【岡崎英遠、高橋昌紀、鶴見泰寿】

 気象庁によると、台風10号は15日午後9時現在、松江市の北約80キロの日本海を時速約35キロで北に進んでいる。中心気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。16日は日本海を北北東に進み、東北や北海道で大雨となる恐れがある。台風は17日にかけて温帯低気圧に変わる見込み。

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです