メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トライアスロン

東京五輪テスト大会 手つなぎ、1・2番失格 英選手フィニッシュ時

手をつないでフィニッシュし失格となった英国の2選手

 来年の東京五輪予選を兼ねたトライアスロンのテスト大会は15日、東京・お台場海浜公園で女子が行われ、昨年のアジア大会金メダルの高橋侑子(富士通)が1時間43分44秒で日本勢最高の23位、井出樹里(スポーツクラブNAS)は25位だった。2016年リオデジャネイロ五輪代表の佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)は途中棄権した。

 レースはフローラ・ダフィー(バミューダ)が1時間40分19秒で優勝した。1、2番手の英国選手が手をつないだ状態でフィニッシュしたため、国際トライアスロン連合の意図的に一緒にフィニッシュすることを禁止する規則に抵触し、失格となった。英国トライアスロン連合パフォーマンスディレクターのマイク・ケイベンディッシュ氏は「残念だが、それでも表彰台(3位)に英国選手がいることは女子の選手層の厚さを示した」とコ…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです