メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦の日

誓う不戦 命の大切さ、子に伝えたい 核兵器の恐ろしさ、世界に

 令和初の終戦記念日を迎えた15日。台風の影響で中止となった平和イベントがあったものの、多くの戦没者遺族らが各地の追悼の催しに参列して「不戦の誓い」を新たにした。【斎藤文太郎、安藤いく子、田中韻、手呂内朱梨】

 正午前から全国戦没者追悼式が開催された東京都千代田区の日本武道館には、汗を拭いながら大勢の遺族が足を運んだ。世田谷区の片瀬浩司さん(78)は4歳だった1945年に、父正二さんを戦地のフィリピンで亡くした。片瀬さんが生まれた時、父は既に出征していた。写真でしか顔を見たことがなく、遺骨も戻らなかった。2016年にフィリピンを訪ねて父に思いをはせたという。「遠くで亡くなって日本に戻りたかっただろう。会って話をしたかった」

 練馬区の小学5年、和知佑空(わちたすく)さん(10)は祖母(63)とともに初めて参列し、44年に旧…

この記事は有料記事です。

残り1579文字(全文1943文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  3. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  4. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです